兵庫県ソフトボール協会

インターハイ優勝のご報告 


インターハイで須磨ノ浦高校が優勝!!

池田 紀子監督

一段と暑い夏に、熱い大会を制することができました。守備の須磨ノ浦と言われきた
ことを誇りに思う試合でした。準決勝は前年度の覇者創志学園。最終回に同点に追い
つかれる苦しい展開になりましたが、気持ちが上回った瞬間、ホームで交錯した
キャッチャーの手元からボールがこぼれました。クローズアップされたかのように見
えたあの光景は忘れられません。決勝戦は日本代表の左腕投手を要する東海学園。立
ち上がりをツーアウトから攻め2点先取した集中力は素晴らしかった。猛暑の中、
ホームランを浴びるまで踏ん張った二年生投手和田に代わって、三年生投手原が後続
を抑え投げきりました。スピードはないながらにかわしたピッチングで投げられたの
も信頼できるバックがあったからこそで した。本当に全員ソフトで勝ち取り、目標
としてきた全国制覇は夢のようです。活き活きと輝く表情の選手たちとの4日間は、
疲れ以上の喜びに満ちています。ここにいられて幸せでした。
沢山の応援も有難かったです!ありがとうございました。


高橋 まひろ主将

ずっと目標としていた「日本一」を達成することができて本当に嬉しかったです。な
かなかチームがうまくまとまらず、苦しい事も沢山ありましたが全員で乗り越え、最
後にインターハイで楽しく笑顔でプレーすることができました。日本一になった瞬
間、全てが報われた気持ちになり頑張ってきて良かったと思いました。沢山の人に支
えられ、応援してもらい、最高の仲間と先生、保護者の方と日本一になれた私達は本
当に幸せ者です。応援ありがとうございました。