兵庫県ソフトボール協会

全日本小学生男子大会優勝のご報告 


全日本小学生男子大会で兵庫播州クラブが優勝!!

主将 前川 浩輝
僕たち6年生にとっては、5期連続出場となる全国大会で、初優勝することが出来ました。
このメンバーで出場できる最後の全国大会で、チーム一丸となり、執念でプレーし、
戦い抜けたことが本当にうれしいです。
監督、コーチ、お父さん、お母さん、ありがとうございました

監督  藤本 英樹  コメント(優勝報告)
この度、兵庫播州クラブが第32回全日本小学生男子ソフトボール大会において、優勝という最高の結果を残すことができました。
 これもひとえに、貴協会並びに関係者の皆様方が、これまで当チームに対して多大なるご支援・ご協力をいただいた賜物であると、心より感謝する次第であります。
 本当にありがとうございました。
 選手達は、全国大会という大舞台で、これまでの厳しい練習で培った技術、精神力をいかんなく発揮し、強豪相手の厳しい試合を勝ち抜くことができました。
 練習量では全国でもトップクラスにあると自負するチームですので、選手達を支える父母の皆さん方や、コーチ陣を始めとしたチームスタッフも相当の苦労があったことと思います。そういった意味でも、正に「チーム一丸となって勝ち取った優勝」であると、感慨ひとしおであります。
 これからも、決してこの結果に満足することなく、ひた向きに練習を重ね、「勝つことの素晴らしさをチーム皆で喜び合える」チーム運営を目指し、邁進していく所存です。
最後になりましたが、当チームの運営に際し、今後も変わらぬご支援・ご協力をいただきますようお願いを申しあげ、優勝報告の言葉とさせていただきます。
 ありがとうございました。